代表挨拶

Jump to next generation
     with humanity and IT.


企業が存在し続ける為には利益を出し続ける事が必要です。が、これは企業が存在する目的ではなく手段の一つだと考えています。

当社では社会に貢献できる会社とする為に・・・

一、お客様が真に必要としているITシステムを提案、創造

一、社員が安心して働くことが出来、安心して関われる企業に向けて

一、社会にとって有益で経済発展に貢献できる企業に向けて

を、常に考えています。


昨今のIT社会はIoT/IoE、M2M、AIと新たな技術が登場し大きく変わろうとしています。

このような現代、ますます「IT」が「ヒト」に近いものになってきます。その為にも、お客様が真に必要とされるシステム・・・それは、不具合がなく安価というだけでなく、お客様も気付いていない隠れた部分を密なる対話を通して引出し、関係者と共にシステム化を進める事が重要だと考えます。

その為には「己を知り、相手を知る」事が必要です。

企業の財産であり、社会から預けられた社員やパートナーが伸び伸びと安心して働くことが出来る環境を準備し、社員は仕事を通し、出逢った人々を通し、技術と 人間性において自らを成長させ、経済的基盤の安定と「幸せ」を感じる企業でありたいと考えています。


その為にも、「社員と家族」「パートナーとご家族」「現在と未来のお客様」「株主・出資者」そして「社会」に信頼され成長し続ける事が使命と考え、その為に「何が出来るのか」を考え 「実践する」技術者として育ち、「パートナー」「お客さま」とともに未来へ大きく飛躍して参ります。



2018年7月2日
代表取締役 辻正史